本文へスキップ

おたふくけん   
多重債務者問題からみた社会福祉のあり方研究会

活動概要conCEPT 

プログラムの概要と構成

~家計管理支援プログラムの概要~

高校を卒業し、給与生活が始まる人も多いなか、二十歳を迎えると障害基礎年金を受け取り、消費生活では契約主体としての責任が求められます。在宅生活でも「親亡き後」の課題として様々な自立の必要性に直面します。
本研究会では、会社等で働く知的障害者の方々を対象に、家計管理支援するプログラムを検討しています。まずは携帯電話や買物を通して生活を振り返り、家計管理の大切さを学ぶことで生活の質を向上して頂くことが大きな目標です。現在は、支援者や家族の方々を対象にした講習会も試行しています。
講習会の終了時に実施するアンケートやご意見を参考に、当事者にわかりやすく、よりニーズに即した研修プログラムに活かしたいと考えます。



~家計管理支援プログラムの構成~

研究メンバーには、障害者の生活や就労に携わる支援員の他、ファイナンシャルプランナーや家庭科の高校教員、障害者福祉や消費者教育を専門にする大学教員がいます。新たな家計管理支援プログラムの構成と内容は、各専門家の知識と経験を踏まえて実施しています。

●勉強しよう お金のこと (ご本人向け/ご家族・支援者向け)
 おこづかいや生活全体の収支といったお金の管理を知ります。金銭感覚をもつこと、お金のトラブルの防止について学びます。

●これだけは知っておこう!
 消費者トラブルの未然防止をメインとした短時間の講座です。お金の価値や電子マネー、携帯電話をきっかけにした消費者トラブルを知り、断る練習や困った時には相談する大切さを学びます。

●「めざせ!かっこいいおとな」セミナー
 「かっこいいおとなになるための7か条」を通して、お金とうまく付き合うことを確認します。具体的に予算を立てて、費目の印刷されたシールを貼るなどして楽しく封筒管理術を学びます。



☆上記はこれまでに実践してきた講習内容で、その模様は報告書「上手に使って豊かな暮らし―知的障害者の金銭管理支援のために―」にまとめております。
☆講習内容は必要に応じてアレンジ致します。「家計管理支援プログラム」の講習を希望される方は、こちらからご依頼ください。



contents

多重債務者問題からみた社会福祉の
あり方研究会(おたふくけん)
事務局

〒102-8341
東京都千代田区三番町22番地
東京家政学院大学 現代家政学科
小野研究室内