本文へスキップ

おたふくけん   
多重債務者問題からみた社会福祉のあり方研究会

 多重債務者問題からみた社会福祉のあり方研究会 おたふくけん

「多重債務者問題からみた社会福祉のあり方研究会」(おたふくけん)では、
働く知的障がい者などの当事者や家族、支援者を対象にした、携帯電話・スマートフォン、買物、家計管理に焦点をあてた講座を重ねています。

2004年から始めた研究会では当初、借金を抱えることで生じる生活問題を生活保護やホームレス問題等との関わりで検討と実践を重ねていましたが、消費生活を送る上で家族や支援者の見守りが日常的に必要な消費者である「要支援消費者」の存在を前提とした取り組みが求められていると考えるに至りました。

消費者トラブルを未然に防ぐことはもちろん、トラブルにあっても「隠さなくていい」ことを知り、周囲に「あきらめずに」相談する姿勢を育んでいただくことが大切だと考えています。あわせて、主体的に生活を営むためのおこづかいや家計の管理支援プログラムの構築を目指しています。


お知らせtopics


新着情報news

contents

多重債務者問題からみた社会福祉の
あり方研究会(おたふくけん)
事務局

〒102-8341
東京都千代田区三番町22番地
東京家政学院大学 現代家政学科
小野研究室内

copyright©2013 otafukuken all rights reserved.